料理初心者お父さんのブログ

料理初心者が奮闘するブログです。

インスタントラーメンを使ってアレンジメニューを作ってみた

f:id:momotaitai:20200524135506j:plain

 

自粛ムードの長期連休も終わって、通常業務への勤務が始まりました。

休みは休みで家で過ごす日々がストレスなどを感じ感じながら生活を送ってました。

今回は、インスタントラーメンを使ってのアレンジメニューを作っていきたいと思います。

 

 

台湾ラーメン

 

f:id:momotaitai:20200524152458j:plain


インスタントラーメンで台湾ラーメンを作ってみました。

台湾ラーメンって、名古屋が発祥の地とされていています。

豆板醤も入っているので少し辛いですがおいしくいただきました。

 

台湾ラーメン材料(1人前)

f:id:momotaitai:20200524152615j:plain

インスタントラーメン  :1袋

 

豚ひき肉        :100g

 

ニラ          :50g

 

ニンニク        :1かけ

 

水           :500ml

 

調味料

付属の粉末スープ(しょうゆ味):1袋

豆板醤            :大さじ1

砂糖             :大さじ1

オイスターソース       :大さじ1

サラダ油           :小さじ1

 

台湾ラーメン作り方

1.ニラを約5cm幅にカットします。

 

2.ニンニクをみじん切りにします。

 

3.中火で熱したフライパンに油をひいて、豚ひき肉とニンニクを炒めます。

 

4.豚ひき肉に火が通ってそぼろ状になってきたら、水をフライパンに入れて中火で煮ます。

 

5.ひと煮立ちしてきたら、インスタントラーメンを入れてパッケージに記載されている時間で煮ます。

 

6.麺がほぐれてきたら、ニラと粉末スープ、豆板醤、砂糖、オイスターソースを加えて味がなじんできたら火をとめます。

 

7.どんぶりに、移して盛り付けたら完成です。

 

台湾ラーメン作り方ポイント

台湾ラーメンは辛いラーメンなので、豆板醤で辛さを調整してください。

オイスターソースは、入れるとコクが出てきますが、無い場合には入れなくても大丈夫です。インスタントラーメンはお好みでお選びください。

今回使用した、インスタントラーメンのスープは粉末と液体醤油が入っていたので両方使用しました。

ぜひ一度お試しください。

 

豚バラ肉とねぎともやしのしょゆラーメン

f:id:momotaitai:20200524175334j:plain

本日は、日清ラ王の袋めんを使った『豚バラ肉とねぎともやしのしょゆラーメン』

はじめて、ラ王の袋めんを買ってみました。スープも思ったよりこってりしていてとてもおいしくいただきました。

 

豚バラ肉とねぎともやしのしょゆラーメン材料(1人前)

f:id:momotaitai:20200524213348j:plain

日清ラ王     :1袋

 

豚バラ肉     :50g

 

長ねぎ      :1/4本

 

もやし      :100g

 

お湯       :500ml

 

調味料

付属の液体スープ :1袋

しょうゆ     :小さじ1

コショウ     :小さじ1/4

 

豚バラ肉とねぎともやしのしょゆラーメン作り方

1.長ねぎを斜めに1cmくらいの大きさでカットし、豚バラ肉も食べやすい大きさにカットします。

 

2.お鍋に油をひいて、長ねぎを中火で焼き色が付くくらい炒めます。

 

3.長ねぎを炒めたら、豚バラ肉をお鍋に入れて炒めます。

 

4.しょうゆとコショウを入れて強火にして全体を絡めます。

 

5.お鍋にあらかじめ沸騰させておいたお湯を入れて、その中に麺を入れて茹でます。

茹で時間は、表示されている時間茹でます。

 

6.麺を茹でている間に、液体スープをどんぶりに入れておきます。

 

7.麺が茹で上がったら、どんぶりに盛り付けて完成です。

 

豚バラ肉とねぎともやしのしょゆラーメン作り方ポイント

ねぎを炒めるときに、焼き色をつけることで香ばしくなりおいしさが増します。

インスタントラーメンはほかのものを使用してもおいしくいただけます。

 

 

インスタントラーメンを使ってアレンジメニューまとめ

 インスタントラーメンは手軽で簡単につくれるのでほとんど失敗をしない料理です。

ちょっとしたアレンジを加えることでときにはお店で食べるラーメンに近づくこともあります。これからも、アレンジメニューを作っていきたいと思います。

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。